カテゴリー
長野県「長野が誇る発酵食品で世界を長寿に」ジムトンプソン・ハウスでPR

「長野が誇る発酵食品で世界を長寿に」ジムトンプソン・ハウスでPR

長野県の特産品を使った創作タイ料理に舌鼓を打つ参加者ら

長野県の特産品を使った創作タイ料理に舌鼓を打つ参加者ら

長野県は16日、味噌や麹など日本の発酵食品をPRするイベントをバンコク都内の「ジムトンプソン・ハウス」で開催した。同県が昨年11月に発表した発酵食品普及事業「『発酵・長寿』県宣言」の一環で、海外での活動は今回が初めて。日本で最も平均寿命が長いとされる同県の健康を支える発酵食品で、世界の長寿に寄与したい考えだ。
イベントでは、ジムトンプソン・ハウスのシェフが同県の発酵食品や特産品をふんだんに使用した特別メニューを披露。凍り豆腐入りタイカレーなどの料理を、飲食店やメディア関係者などに振る舞った。

阿部守一県知事は「長野県には素晴らしい自然と、発酵食品をはじめとする豊富な特産品があるということを認識してもらえるよう、日本だけでなく世界で広く活動していきます」と挨拶。また、同県の食品製造業振興ビジョン振興協議会の会長を務めるマルコメ青木時男社長は「麹で発酵させて作る味噌や醤油、みりんなどの調味料は、世界トップクラスのシェフも注目しています。これは日本人として、とても光栄なことです。これらはきっと近い将来、ワインやチーズに並ぶ世界的な食品になるでしょう」と話した。

発酵食品の可能性の高さを強調する青木社長

発酵食品の可能性の高さを強調する青木社長