JTBタイランド

JTBタイランド

タイ在住者向け東京五輪チケット販売開始9月2日からは店舗販売もスタート

 JTBタイランドは7月31日よりタイ国内在住者を対象に、「2020年東京オリンピック」のホテル宿泊付きチケットのオンライン販売を開始した。価格は1人当たり2万4,500バーツ(1室2人利用の場合)からで、観戦チケット(1人につき2枚)と「京急EXイン」(または同等クラスのホテル)2泊、旅行保険などが含まれる。9月2日にはJTBの「エムクオーティエ支店」と「シーロムコンプレックス支店」でも販売をスタートする。
 同社はタイで唯一の同オリンピックにおける公式チケット販売代理店(ATR)。25日にバンコク都内で開いた会見では、タイ国オリンピック委員会副会長でタイ陸軍少将のCharouck Arirachakaran氏が「JTBはATRにふさわしい組織力を持っています」と説明した。谷光JTBタイランドプレジデント兼CEOは「東京でホテル不足が顕著になる中、当社では安心して宿泊できるプランをご用意しました。ぜひタイの選手を応援しに東京へ来て下さい」と呼びかけた。