凸版印刷

デジタルマーケティングをASEAN地域へ

凸版印刷(東京都)は14日、タイ・バンコクに現地法人「Toppan(Thailand)」を設立し、日系企業や現地会社に向け、デジタル技術を活用したマーケティングソリューションの提供を開始する。
同社はデジタルサイネージなどによるセールスプロモーション事業、IoTやID認証といったデジタル技術を利用したスマートオフィス・スマートファクトリー化支援などを行うスペースコミュニケーション事業を実施している。同様の事業をASEAN地域でも展開したい考えだ。
また、政府機関や地方自治体に対しては、文化財のデジタルアーカイブ化やVR化など観光支援事業やBPO事業、セキュア事業を推進する。2021年までに売上高20億円を目指すという。