三菱ケミカル、生分解性プラ製品を日本のホテルが採用

三菱ケミカル、生分解性プラ製品を日本のホテルが採用

生分解性プラ製品を日本のホテルが採用

三菱ケミカル(東京都)は13日、タイ工場で製造する生分解性プラスチック「BioPBS」を用いたストローが、愛知県内のワシントンホテルで採用されたと発表。5月以降、同ホテルグループの飲食店などで既存のストローから切り替えられているという。
「BioPBS」は同社が開発し、同社がタイPPT Global Chemicalと共同出資して設立したPTT MCC Biochem Company(バンコク)が製造している。生分解性プラスチックは自然界の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負担が少ないのが特徴だ。
同ホテルでは現在、ストローを年間で約12万本使用する。「BioPBS」のストローを採用したことで、石油由来のプラスチックゴミの削減を図りたい考え。