カテゴリー

バンコクとアユタヤに物流センター開設

三井不動産は4月26日、バンコク・バンパコン、アユタヤ・ワンノイの2カ所に物流施設を開設すると発表した。経済統合が進むASEANの中心に位置するタイを有望な物流マーケットと位置付け、同地に物流拠点を設けることで日系企業の海外展開をサポートする考え。

総事業費は約53億バーツ。海外での物流施設事業は同社グループ初という。事業は、物流倉庫および工場の開発・賃貸・管理を手掛けるフレイザーズプロパティ(タイランド)の子会社フレイザーズプロパティインダストリアル(タイランド)と共同で推進する。

バンパコンの施設はバンコク東部のバンナー高速道路出入口付近に立地し、バンコク都内、スワンナプーム空港、レムチャバン港へ交通至便。また、ワンノイの施設周辺には日系製造企業が集積しているという。