クオリカ

豊田通商のタイ関連会社と提携 トヨタグループの顧客基盤を拡大


TISインテックグループのクオリカ(東京都)は5日、トヨタグループの商社である豊田通商の関連会社で、タイにおいてICTインフラサポートビジネスを展開しているTT Network Integration (Thailand)/(以下TTNI)と、クオリカの生産管理システム「ATOMS QUBE」をはじめとした製品の販売代理店契約を締結し、タイで協業開始したことを発表した。

この協業で、クオリカとTTNIは、それぞれのビジネス基盤と保有ソリューションの強みを融合。「ATOMS QUBE」とTTNIが販売する生産物流システム「TopicsAlpha」を連携させることで、TTNIの既存顧客ネットワークへの販売を可能にする。

クオリカによると、「すでに、『ATOMS QUBE』と『TopicsAlpha』の連携システムを導入、運用開始されたお客様もあり、引き合い件数も増えております」とした。

今後は、「ATOMS QUBE」と「TopicsAlpha」の連携により、必要部品の発注計画を生産物流システムへデータを受け渡すこと、これを受けた生産物流システムでは、かんばん方式※による部品発注、受入検収の実績データは買掛情報として生産管理システムへ計上することなどが可能となる。
※「かんばん」とは、トヨタの生産方式であるジャスト・イン・タイム方式を実現するためのツール。