三菱ケミカル

生分解性プラスチック「BioPBS™」を
使用した紙コップを発売開始

三菱ケミカル(東京都)は9月27日、生分解性プラスチック「BioPBS™」を用いた紙コップが、日本紙パルプ商事(東京都)から販売を開始したと発表した。

BioPBS™は、同社が開発・基本特許を有し、PTT Global Chemical Public Company Limitedが折半出資するPTT MCC Biochem Company Limited(タイ・バンコク)が製造する植物由来の生分解性プラスチックで、土中の微生物によって水と二酸化炭素に分解されるため、自然環境への負担が少ないのが特徴だ。同社は、そうした生分解性に加え、BioPBS™の耐熱性・柔軟性・シール強度に注目し、BioPBS™を従来のポリエチレンに代えて紙コップの内面ラミネートに用いることにしたという。
BioPBSを使用した紙コップ

また、従来のコンポストバッグや農業用マルチフィルム向け以外に、コーヒーカプセルや紙コップ、ストローなどの食品関連等、多方面への用途開発を進めており、既に複数の海外大手ファストフードチェーン等との協議を行っている。同社によれば、「三菱ケミカルホールディングスグループが掲げる『KAITEKI※』の実現に向け、今後もBioPBS™をはじめとする生分解性プラスチックや植物由来プラスチックの研究開発・用途展開を加速させ、循環型社会の構築やSDGsの達成に貢献していく」という。

※三菱ケミカルホールディングスグループのオリジナルコンセプトで、「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」を表している