カテゴリー

タイ5号プロジェクト、分譲マンション


阪急阪神不動産(大阪市)は7日、タイ不動産会社セナ・デベロップメントと共同で、タイにおけるマンション分譲事業として第5号案件となる「Niche Mono Charoen Nakorn(ニッチ モノ チャルーン ナコーン)」に着手すると発表した。
同案件は、敷地面積5547㎡、総戸数537戸、2020年12月に完成予定で、バンコク都トンブリー地区に建設する。同地区は高層階住戸や高層階に設けるプール・フィットネス等の共用施設からチャオプラヤー川を臨め、景観が優れていることに加え、周辺に大型商業施設や病院等が揃う利便性の高いエリアに位置しているという。
同社とSENA社では、タイにおいてこれまで第1号案件から共同でプロジェクトを実施しており、今回の案件は第4号案件の「Niche Mono Mega Bangna(ニッチ モノ メガ バンナー)」に続く第 5 号案件で、タイ国内での分譲マンション事業参画戸数は本プロジェクトでの戸数を含め4200戸超となる。