カテゴリー

内部監査のデジタル化を考える
「IIAT ANNUAL CONFERENCE」


一般社団法人タイ内部監査協会(The Institute of Internal Auditors Thailand)は6日、「IIAT ANNUAL CONFERENCE 2018」をバンコク都内「Centara Grand & Bangkok@Central World」のコンベンションセンターで開催した。今回の大きなテーマは、“デジタル化への移行”。同協会本部の会長を務め、アジア地域内部監査協会(ACIIA)会長の経験を持つ毛利直広氏、タイ証券取引所のパーコーン・ピータタワッシャイ専務理事、Quality Houses Public Co., Ltd.のCEO・シャッシャード・シッティパン氏と取締役会長・クンパトラー・シロードム氏を招いて議論を展開した。
毛利氏は「社会全体のデジタル化が進む中で、内部監査においてもその動きは加速しています。今までマニュアル的な要素が大部分を占めていた内部監査も、今後さらにデジタル化が進むでしょう。タイにおいては、ビジネスのデジタル化と内部監査のデジタル化の速度には大きな差があるのが現状です」と、タイ国内の内部監査事情について言及。続けて「タイで事業を始める際は、パートナー企業が導入する内部監査担当者と日本本社の担当者が事前にしっかり話をすることが重要です。内部監査は情報がとても大事ですから、日本とタイのやり方の違いを十分に理解し、正しい情報を適時に日本本社に伝えられる仕組みづくりを構築するのが第一」と、タイに進出する日系企業へエールを送った。


弊社単独インタビューに応じる、特別ゲストの毛利氏