三重タイ・イノベーションセンター開所

食品加工分野で協力体制を構築

三重県とタイの食品加工分野での連携強化を目的に、タイ国家食品研究所(NFI)内に「三重タイ・イノベーションセンター」が設立。14日、NFIで開所式が行われた。同センターでは、食品産業に強い同県がタイ産農産物などを使用し、高付加価値化を支援。技術協力の第一案件として、同県四日市市の食品加工機メーカー「スエヒロEPM」から、食品加工用機械のエクストルーダーが同センターに寄贈された。
式典には、ソムキット副首相、タイ工業省のソムチャイ副大臣、鈴木英敬三重県知事、佐渡島志郎在タイ日本国大使、JETROバンコク三又裕生所長らとともに、同県の経済交流団らが出席した。
鈴木英敬知事は「三重県は製造業の出荷額で日本のトップクラスであり、その中心が食品加工業だ」とした上で、「今年7月にソムキット副首相が来県された際に、今回のセンター構想が浮上し、わずか4カ月で実現できたことは、日本の行政の仕組みでは考えられないスピードだ」と話した。式典に挑むソムキット副首相(左)と鈴木三重県知事