カテゴリー

バンコクのオフィス開発Pに初参画

三菱地所は5月28日、バンコクに拠点を持つ大手デベロッパー「Raimon land社」と共同で、大規模複合オフィスビル開発計画「One City Centre」プロジェクトに参画すると発表した。同社グループがタイ国内でオフィスの開発を行うのは今回が初めて。総事業費は約88億バーツとなる見込みで、竣工は2022年末を予定する。
 同オフィスビルはBTSプルンチット駅直結の61階建て。オフィス棟、商業棟の2棟からなり、賃貸面積は約6万1000㎡となる見通し。