リコー

米国向け生産を中国からタイへ移管

リコー(東京都)は16日、米中貿易摩擦のリスクヘッジのため、米国向けの複合機の生産を中国からタイに移管すると発表した。主要機の生産移管は2カ月で完了する見通し。
れまで、主要複合機の高速モデルの生産は中国・広東省深セン市のRicoh Asia Industry (Shenzhen)が、中速および低速モデルの生産はタイ・ラヨーン県のRicoh Manufacturing (Thailand)が行っていた。このうち、米国向けをRicoh Manufacturing (Thailand)が請け負う。同社は主要機以外の生産移管も進める方針だ。