>

伊藤忠商事

伊藤忠商事

Whizdom Asoke Sukhumvit CPグループと組みマンション計画着手

伊藤忠商事(東京都港区)は2月25日、タイの住宅・商業デベロッパー「マグノリア・クオリティー・デベロップメント(以下MQDC)」と、中長期的なパートナーシップを構築していくことで合意。今後、建設・不動産分野における共同事業の推進を目的とした検討意向書を締結したと発表した。MQDCは、伊藤忠商事の戦略的資本・業務提携パートナーであるCP(チャロン・ポカパン)グループ創業者のタニン・チャラワノン一家が100%株主であり、CPグループのタニン会長兼CEOの息女ティパポン氏が代表を務めるタイ有数の不動産デベロッパーで、バンコク都心区における中~高級路線の住宅・商業開発を得意とする。

同社らは、第一弾としてバンコクにおける分譲マンション開発事業(ウィズダム アソーク スクンビット)の参画を決定。バンコク中心部に位置するベンジャキティ公園に隣接するマンション建設に着手。総事業規模約330億円で、そのうち、伊藤忠グループの投資額は25億円程度を予定しているという。

伊藤忠商事によると、「バンコクは安定的な経済成長と中間所得層増加が続き、鉄道網の整備を進み、広域からの人口流入が進んでおり、底堅い」とした。